HOMERACESBackyard Ultra Last Samurai Standing 2022 北海道

RACES

Backyard Ultra Last Samurai Standing 2022 北海道

北海道札幌市北東部に位置するモエレ沼公園。
世界的な彫刻家イサム・ノグチが手がけた公園であり、公園全体が彫刻作品。なかでも札幌市東区最高峰のモエレ山(標高62.4m)は札幌市東区のランドマーク。そんな自然や芸術を望みながらモエレ沼と雁来新川沿いを走るフルフラットの周回コースとなっている。

大会開催時の平均気温は、最高気温8℃、最低気温1℃、場合によっては降雪もありえます。

バックヤードを走り続けるためにも防寒対策をしっかりとして望んでください。

大会概要

開催場所

北海道札幌市小鍛冶組野球場
住所:小鍛冶組野球場 札幌市東区中沼町13番地

開催日

2022年11月19日(土)13:00〜最後の一人が残るまで

募集定員

30名

参加資格

  • 1. 一昼夜以上走り続けるという特殊性を十分認識し、必要な訓練を行なっていること。
  • 2. この種のレースで起こりうる問題に対して、自ら対処できる能力を有していること。
  • 3. 最後まで自分が走り続ける自信がある人

優勝特典

2024年バックヤードウルトラサテライト大会(日本代表選手として)へ招待

制限時間

最後の1人が残るまで

ルール

  • 1. 6706メートルのコースを1時間以内に走ります。
  • 2. 次の1時間までの残り時間が休憩時間です。
  • 3. 各ループは厳密に1時間毎にスタートします。
  • 4. スタートする3分、2分、1分前にホイッスル音でスタート警告をします。
  • 5. 全ての出走者は定められたスタートエリアからスタートの合図と同時にスタートしなければいけません。
  • 6. これを最後の1人が残るまで継続します。
  • 7. 最後にコースを1時間以内に走り切ったものが勝者となります。
  • 8. ループ中にサポートを受けることは出来ません。発覚した場合は失格となります。
  • 9. 選手はループを終えて、次のスタートまでの間はサポートクルーによるサポートを受けることが可能です。

コースGPS

GPXデータをダウンロード

募集期間

2022年9月16日(金)00:00 〜 9月30日(金)23:59

結果発表(選考による)

2022年10月7日までに各大会で選考した選手に返信

エントリー費

22,000円(税込)

エントリー方法

以下のエントリーフォームボタンより必要事項を入力してください。※9/16 0:00より

保険

スポーツ安全保険(参加選手は大会側よりこちらの保険に加入させて頂きます)

大会エイド

水・お湯・軽食

アクセス

<車でお越しの場合>
1. 小鍛冶組野球場の駐車場には選手1人につき1台の駐車スペースしかございません。
2. そのためサポートクルーは同乗するかバス等公共交通機関でお越しください。

<バスでお越しの場合>
1. JR札幌駅より56番バス乗車、
2. 東西線バスセンターより東6番バス乗車、
3. 南北線環状通東駅より東66番バス乗車、
いずれも、「豊畑」下車。徒歩15分(1.0km)

主催

リブラブルーシープ

協力

株式会社小鍛冶組、トレイルハット、サロモン、サッポロエクスペリエンスベース

競技内容について

レース

ラストマンスタンディング方式(最後の1人が残るまで継続します)

関門

スタート・ゴールに1時間以内に戻ってこれない場合失格となります

制限時間

最後の1人が残るまで継続します

必須装備

自己責任でお願いします

ストック・ポール

禁止

デポジットエイド

  • 1. 小鍛冶組野球場内の駐車場(スタート位置付近)には各選手の駐車場兼、デポジットエリアを設けます。
  • 2. デポジットエリアは区分けします。
  • 3. デポジットエリア外にはみ出さないようにお使いください。
  • 4. デポジットエリア内であれば、車・テントなど張ったり、各自自由にお使いください。
  • 5. 各選手のデポジットエリアは受付時にくじ引きで決めます。

トイレ

  • 1. 排泄行為(トイレ)は指定の場所を必ず使ってください。
  • 2. 指定の場所以外での排泄行為は即失格とします。
  • 3. 全てのトイレは選手が靴を脱がなくても大丈夫です。
  • 4. トイレは男女別(男子:小1機、大1機、女子:大2機 )

設備について

サポートクルー ※サポートクルーは2名まで(無料)

  • 1. サポートクルーは小鍛冶組敷地内の下記設備のみを利用可能です。
  • A. トイレ
  • B. 休憩室
  • ※ミーティングルームの利用は可能ですが、布団・寝袋など敷いて寝る行為を禁止とします。

失格事項

  • 1. ゴミをレース中に投棄した選手
  • 2. 条件を偽って参加した選手
  • 3. コースをショートカットした選手
  • 4. 競技規則に違反し、スタッフの指示に従わなかった選手
  • 5. 規定の時間を超えて関門に到着した選手および最終制限時間を超えた選手
  • 6. ゼッケンを着用しなかった選手、または加工・折り曲げて着用した選手
  • 7. 自然保護に違反する行為があった選手
  • 8. 不正行為があった選手
  • 9. 指定のトイレ以外での排泄行為
  • 10. 実行委員会が全ての事項を監視することは不可能なので、大会期間中は参加選手が選手審判員となり、失格事項に値する選手の申告制度を適用する。

注意事項

  • 1. ゴミは必ず各自で持ち帰ってください。
  • 2. 当日は必ず健康保険証を持参してください。
  • 3. レース途中、天候が悪化した場合やコースの状況により、主催者側で判断し中止する場合があります。
  • 4. レース中の事故については、応急処置のみ行いますが、それ以上の責任は負いません。
  • 5. 競技続行が不可能と判断された選手は、スタッフが競技を中止させる場合があります。
  • 6. 競技以外の荷物についてはスタッフの指示に従い所定の場所をご利用ください。ただし、貴重品および壊れ物は各自管理してください。主催者は紛失の責任は負いません。
  • 7. コースは大会で占有しているものではなく、車両や一般利用者、登山客も使用していることを十分理解し、その通行を妨げてはいけません。特に登山道で追い抜く時は、安全な場所で走らず声をかけて歩いて抜いてください。
  • 8. 競技を途中でDNF(中断)した場合は、大会が終了するまで各選手の応援をして頂いても良いですし、片付けをして帰ってもらっても構いません。但し、車でお越しの選手は自走で特設駐車場まで歩いて帰ってください。万が一怪我などをして、どうしても駐車場まで歩けない場合は、バックヤードスタッフが駐車場まで送ります。電車で来られた方は駅まで送ります。

申込規約

  • 1. 年齢・性別の虚偽申告・申込み本人以外の出場(不正出走)は認めません。発覚した場合は出場を取り消します。
  • 2. 地震・風水害・降雪・事件・事故等による中止の返金はいたしません。
  • 3. 大会出場中の映像・写真・記事・記録等の、テレビ、新聞、雑誌、インターネット等への掲載権は主催者に属します。
  • 4. 私は、大会が定めるルールを必ず守ります。もし違反した場合は失格となることを承知します。
  • 5. 上記の申込規約の他、主催者が定める大会規約に則ります。(齬がある場合は大会規約が優先します)

 

Entry

ページの先頭にもどる